2017年06月02日 15:49

鶉と書いて「マジ」と読む

カテゴリ:料理
Buon Giorno!!
読みません。
鶉は「うずら」と読みます。
以前「三河の舎窓から」でお届けした豊橋の内田ファームのうずら。
こんな感じで料理しています。
骨を取って、ほうれん草とサルシッチャを詰めて、ラルドを巻いて、網脂を巻いています。
柔らかくてギュッとした味が美味しいお肉です。
これは半身ずつ作っていますがお電話頂ければ一羽丸ごとでも出来ます。
あまり重くない赤ワインと一緒に食べたいですね。
内田さんのうずら肉、美味しさはマジです。
Ciao!!
鶉と書いて「マジ」と読む




▼イタリア郷土料理とワインを楽しめるお店
Santo Spirito(サント・スピリト)ホームページ

岡崎市東明大寺町13-11
TEL:0564-73-0450
営業時間:11:30〜13:00(close14:30) 18:00〜21:00(close22:00)
定休日:月曜日・第二火曜日
同じカテゴリー(料理)の記事画像
カーボロネロはこれしかない。絶対だ。
手長エビ先輩が・・・この後すぐ!!!
骨付きイノシシよ永遠に
銀河ギリギリ‼︎ ぶっちぎりのすごいムール貝!!
燃え尽きろハト肉!熱戦烈戦超激戦‼︎‼︎
洋風おでん
同じカテゴリー(料理)の記事
 カーボロネロはこれしかない。絶対だ。 (2018-12-12 17:04)
 手長エビ先輩が・・・この後すぐ!!! (2018-11-10 23:17)
 骨付きイノシシよ永遠に (2018-03-28 13:45)
 銀河ギリギリ‼︎ ぶっちぎりのすごいムール貝!! (2018-03-14 01:59)
 燃え尽きろハト肉!熱戦烈戦超激戦‼︎‼︎ (2018-02-23 00:21)
 洋風おでん (2018-01-17 23:19)

Posted by サントスピリト │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。