2018年11月10日 23:17

手長エビ先輩が・・・この後すぐ!!!

カテゴリ:料理カテゴリ:食材
手長エビ先輩の、この後すぐ!!
うぃっす!俺、手長エビ!!赤座とかスカンピとかみんな勝手に呼んでっけど、とりまよろしくぅ!
えっ?なに?俺を刺身にする?はっ?マジで言ってんの?えっなにコイツ、やっちゃっていいの?おいお前マジ調子乗ってっとマジ後悔すんぞっ!!あっ?おい、テメなんか言えよコラ!!テメ挽き肉にしちゃう・・・・あっあっああああぁぁぁぁっ!!

はい、生食は明日までです。大体金曜日くらいに入ります。が、漁次第ですね。生食希望の方は予約時にお聞き下さい。あっ、駿河湾産です。  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2018年03月28日 13:45

骨付きイノシシよ永遠に

カテゴリ:料理
1日の仕事の終わりに口ずさむのは、大体「渡良瀬橋」や「瑠璃色の地球」なのですが、この時期は「卒業」を口ずさんでしまいます。斉藤由貴さんの。
さて、そんなサントスピリトを今日で卒業するのが「骨付きイノシシロース肉のロースト」です。
イノシシの脂を焼く時の独特な匂い。忘れません。
噛めば噛む程感じるあの味わい。忘れません。
さようなら。骨付きイノシシ。また今年の秋まで。
「えっ、終わった料理の紹介と写真を載せるの?」とお思いでしょう。
でも、そう、これがサントスピリトクオリティ!!
まぁ骨無しロース肉はまだありますし。

骨付きイノシシ



  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2018年03月14日 01:59

銀河ギリギリ‼︎ ぶっちぎりのすごいムール貝!!

カテゴリ:料理
さて、今日はこれが2つも出たので写真を撮りました。
おしゃべりしながら、キリッと冷えた白ワインを飲みながら、ひたすら貝を食べる贅沢。
いやぁイタリアですねー。
僕はこれで真夏のサントスピリト広場のテラス席で白ワイン1本空けました。
夏まではやろうかなと思っています。

ムール貝


  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2018年02月23日 00:21

燃え尽きろハト肉!熱戦烈戦超激戦‼︎‼︎

カテゴリ:料理
懐かしいですね。小学生の時、映画館に観に行きました。ブロリー。衝撃でしたね。伝説の超サイヤ人が覚醒した瞬間。絶望しかなかったです。
まぁそれはさておき、ハトがフィレンツェから届きましたー。
さばく時、目が会うたびに「君はカッシーネ公園の土鳩なんじゃないの?」と聞いてみました。
違いますけどね。ちゃんとしたハトです。
ハト肉イエェーーーっ!

ハト肉イエェーッ!!

  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2018年01月17日 23:19

洋風おでん

カテゴリ:料理
として紹介されがちな彼。

イタリアでは主にトスカーナ州やピエモンテ州に生息しています。
特技は、口内粘膜を焼く事です。
ちゃんとふーふーしてからにしましょう。
あっ、そう言えば彼はNHKの朝の情報番組でも紹介されていました。
サルサヴェルデをつけるがトスカーナ流です。
彼はサントスピリトを2月末で退社します。
そう、彼の名前は「段戸山高原牛スネ肉のカルネレッソ」。

カルネレッソ

  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年11月29日 01:41

こんにちはクリスマス Buon Natale!!

カテゴリ:料理カテゴリ:ワイン
Buon Giorno!!
もう12月です。ちょっと前まで夏だったのに。本当にちょっと前まで暑くて夏だったのに。
まぁそういう事でクリスマスメニューを考えました。

前菜
サンダニエーレ産生ハムとコロンナータ産ラルドとグリッシーニ
廣島蝶鮫のチョウザメとキャビアのカルパッチョ
小さな前菜たちの盛り合わせ
アンコウのトマト煮 リボルネーゼ

パスタ
ズワイ蟹と浅利とフレッシュトマトの冷製カペッリーニ
何かのラビオリ in 三河赤鶏のコンソメスープ
額田の猪の赤ワイン煮込み パッパルデッレ

メイン
竹内牧場 段戸山高原牛のタリアータ

デザート盛り合わせ

の9皿です。¥8000です。ラビオリの中身は考え中です。
他にも変わるところがあるかも知れません。
ワインのペアリングもあります。6種類位で¥4000です。
23、24、25日とやります。小さな店なので1日4組限定かなと思っています。
ご予約はお早めに!!

写真がないと寂しいのでいつかのランチのメインの写真を載せます。
これはクリスマスには出ません。
Ciao!!

クリスマスメニュー
  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年10月24日 17:01

鹿のスネ肉の煮込み、Stinco!!

カテゴリ:料理
Stinco
鹿のスネ肉の煮込み、Stinco(スティンコ)!!
数時間煮込んで肉はもうトロトロです。
そして感じるゼラチン質。唇がテカテカするアレです。
このスティンコとパンとキャンティで、もう満足でしょう。
ちなみに先週1本出たので、残りは後3つです。
では。  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年08月29日 23:56

サマーサンセット

カテゴリ:料理カテゴリ:ワイン
Buon Giorno!!

夏の夕暮れ時は秋を感じます。
このぐらいに出始めるのが、秋刀魚。
秋刀魚のレモンとタイムのマリネを作ってみました。
この時期の脂の乗った秋刀魚はシンプルに頂くのが一番です。

写真のグラスワインは「メラッチェ」というワインです。
ティレニア海から20km程しか離れていない畑で、海風を受けて育ったブドウの白ワイン。
美味しいと思います。

まだ少し残暑が続く日に、キリッと冷えた白ワインと秋刀魚のマリネ、合わせて食べたいですね。
秋刀魚と白ワインはセットです。
これぞ、「サンマさんセット」!!
くだらない? それ褒め言葉ね。
Ciao!!!

サマーサンセット






  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年06月21日 01:49

岡崎の赤ワイン情報番組 ロッソロッソこんにちは 第1回

カテゴリ:ワイン
Buon Giorno!!

僕が初めてイタリアに渡った12年前。
当時働いていたお店のオーナーがまかないの時に出してくれたのがこのワインとの出逢いでした。
衝撃が走りました。
イタリアに来て初めて、いや、生まれて初めて、赤ワインって美味しい!!と思わせてくれたワインです。
それからは少しの給料が貯まる度にオーナーから買っていました。
お店を辞めて日本に帰る時にオーナーがプレゼントしてくれたのもこのワインでした。

2度目のイタリアでこのワイナリーまで行き、その拘りを聞き、さらに好きになりました。
そしてこのワイナリーのオーナーが日本人だと知って衝撃。
日本人がイタリアでワインを作っているとは。すごい事です。
イタリア人が日本で魚屋を開くようなもんです。

このワインはオススメです。
ただ、お値段もフルボディとなっております。
「今日はなんだかフルボディ」。そんな時にどうぞ。

Ciao!

ロッソロッソこんにちは

  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年06月02日 15:49

鶉と書いて「マジ」と読む

カテゴリ:料理
Buon Giorno!!
読みません。
鶉は「うずら」と読みます。
以前「三河の舎窓から」でお届けした豊橋の内田ファームのうずら。
こんな感じで料理しています。
骨を取って、ほうれん草とサルシッチャを詰めて、ラルドを巻いて、網脂を巻いています。
柔らかくてギュッとした味が美味しいお肉です。
これは半身ずつ作っていますがお電話頂ければ一羽丸ごとでも出来ます。
あまり重くない赤ワインと一緒に食べたいですね。
内田さんのうずら肉、美味しさはマジです。
Ciao!!
鶉と書いて「マジ」と読む


  


Posted by サントスピリト │コメント(0)