2017年11月29日 01:41

こんにちはクリスマス Buon Natale!!

カテゴリ:料理カテゴリ:ワイン
Buon Giorno!!
もう12月です。ちょっと前まで夏だったのに。本当にちょっと前まで暑くて夏だったのに。
まぁそういう事でクリスマスメニューを考えました。

前菜
サンダニエーレ産生ハムとコロンナータ産ラルドとグリッシーニ
廣島蝶鮫のチョウザメとキャビアのカルパッチョ
小さな前菜たちの盛り合わせ
アンコウのトマト煮 リボルネーゼ

パスタ
ズワイ蟹と浅利とフレッシュトマトの冷製カペッリーニ
何かのラビオリ in 三河赤鶏のコンソメスープ
額田の猪の赤ワイン煮込み パッパルデッレ

メイン
竹内牧場 段戸山高原牛のタリアータ

デザート盛り合わせ

の9皿です。¥8000です。ラビオリの中身は考え中です。
他にも変わるところがあるかも知れません。
ワインのペアリングもあります。6種類位で¥4000です。
23、24、25日とやります。小さな店なので1日4組限定かなと思っています。
ご予約はお早めに!!

写真がないと寂しいのでいつかのランチのメインの写真を載せます。
これはクリスマスには出ません。
Ciao!!

クリスマスメニュー
  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年10月24日 17:01

鹿のスネ肉の煮込み、Stinco!!

カテゴリ:料理
Stinco
鹿のスネ肉の煮込み、Stinco(スティンコ)!!
数時間煮込んで肉はもうトロトロです。
そして感じるゼラチン質。唇がテカテカするアレです。
このスティンコとパンとキャンティで、もう満足でしょう。
ちなみに先週1本出たので、残りは後3つです。
では。  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年08月29日 23:56

サマーサンセット

カテゴリ:料理カテゴリ:ワイン
Buon Giorno!!

夏の夕暮れ時は秋を感じます。
このぐらいに出始めるのが、秋刀魚。
秋刀魚のレモンとタイムのマリネを作ってみました。
この時期の脂の乗った秋刀魚はシンプルに頂くのが一番です。

写真のグラスワインは「メラッチェ」というワインです。
ティレニア海から20km程しか離れていない畑で、海風を受けて育ったブドウの白ワイン。
美味しいと思います。

まだ少し残暑が続く日に、キリッと冷えた白ワインと秋刀魚のマリネ、合わせて食べたいですね。
秋刀魚と白ワインはセットです。
これぞ、「サンマさんセット」!!
くだらない? それ褒め言葉ね。
Ciao!!!

サマーサンセット






  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年06月21日 01:49

岡崎の赤ワイン情報番組 ロッソロッソこんにちは 第1回

カテゴリ:ワイン
Buon Giorno!!

僕が初めてイタリアに渡った12年前。
当時働いていたお店のオーナーがまかないの時に出してくれたのがこのワインとの出逢いでした。
衝撃が走りました。
イタリアに来て初めて、いや、生まれて初めて、赤ワインって美味しい!!と思わせてくれたワインです。
それからは少しの給料が貯まる度にオーナーから買っていました。
お店を辞めて日本に帰る時にオーナーがプレゼントしてくれたのもこのワインでした。

2度目のイタリアでこのワイナリーまで行き、その拘りを聞き、さらに好きになりました。
そしてこのワイナリーのオーナーが日本人だと知って衝撃。
日本人がイタリアでワインを作っているとは。すごい事です。
イタリア人が日本で魚屋を開くようなもんです。

このワインはオススメです。
ただ、お値段もフルボディとなっております。
「今日はなんだかフルボディ」。そんな時にどうぞ。

Ciao!

ロッソロッソこんにちは

  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年06月02日 15:49

鶉と書いて「マジ」と読む

カテゴリ:料理
Buon Giorno!!
読みません。
鶉は「うずら」と読みます。
以前「三河の舎窓から」でお届けした豊橋の内田ファームのうずら。
こんな感じで料理しています。
骨を取って、ほうれん草とサルシッチャを詰めて、ラルドを巻いて、網脂を巻いています。
柔らかくてギュッとした味が美味しいお肉です。
これは半身ずつ作っていますがお電話頂ければ一羽丸ごとでも出来ます。
あまり重くない赤ワインと一緒に食べたいですね。
内田さんのうずら肉、美味しさはマジです。
Ciao!!
鶉と書いて「マジ」と読む


  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年05月25日 15:24

フィレンツェ料理の双璧

カテゴリ:料理
Buon Giorno!!
ご無沙汰しております。サントスピリトです。

あるレストランで働いていた時のこと。
厨房で仕込みをしながらおしゃべりをしていて、トリッパとランプレドットの話になったのです。
そしたらシェフ(フリウリ出身)が「えーーーアレ煮込んでると厨房が牛小屋の匂いするから嫌い」と。

いやいや、美味しいじゃないか。トリッパもランプレドットも。
柔らかくて滋味深い味。少し臭みがあるけど、でも、そう、これがフィレンツェクオリティ!!
それを牛小屋とか、侮辱しているっ!失礼だっ!全く!

僕は好きです。この郷土料理。好きだから作っています。
きっと美味しいと思って頂けると思います。
サントスピリトに来たらみなさんどうぞ注文してください。
この牛小屋の煮込み。

フィレンツェクオリティ



  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年04月22日 01:17

前菜盛り合わせ

カテゴリ:料理
Buon Giorno!!!

前菜盛り合わせ

早速ですが、この写真、なんだかお洒落な写真じゃないですか?
そう、これを撮ったのは僕達じゃないからなんです!
二日間だけ手伝いに来てくれた友達が撮ってくれました。
しかも携帯電話で撮ったっていうんだから驚きですね。
いやぁさすがスマートフォン。
未だにパカパカ開閉させて写真撮るたびに「チロリロリーン」と音鳴らしてる僕達の携帯電話とは違います。
こんにちは文明!!
Vivaスマートフォン!!

ちなみに写真は前菜盛り合わせ2人前を3人で分けたいといった要望があった時のものです。
そういったご要望にも大体ほとんど(食材が無い以外)対応出来ますのでお気軽にご相談ください。
Ciao!

  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年04月13日 01:39

花よりTボーン

カテゴリ:料理
Buon Giorno‼︎

東の入場口をご覧ください。
横綱ビステッカ(Tボーンステーキのイタリア名)の土俵入りです。
カン、カン、カン、カン(拍子木の音)ワァァァビステッカーー!!
太刀持ち大関パッパルデッレ、露払い幕内ランプレドット、行司はキャンティクラシコです。
ビステッカーー!!ヨイショーーッ!!ヨイショーーッ!!ビステッカーー頑張れーっ!ヨイショーーッ!!ワァァァァァーーッ!!

司会)横綱ビステッカ、スピリト場所初日、雲竜型での土俵入りでした。高く掲げた右手はサーロインを意識しているのでしょうか。
解説)そうですねー。ただ普通のサーロインと比べて赤身が多いのでグッと噛みしめる味になると思いますよー。
司会)まさに「噛めば噛むほどビステッカ」のことわざ通りといったところですね。
司会)左手はヒレ肉も付いてるという表現ですかね。
解説)はいー。ヒレ肉が付いてこそのビステッカですから。これが無かったら「Tボーンステーキ」じゃなくて「Lボーンステーキ」になってしまいますからねー。
司会)それは肉界としても避けたいところですね。
以上ビステッカ アッラ フィオレンティーナ(フィレンツェのTボーンステーキ)の土俵入りをご覧頂きました。


愛知県産のTボーンステーキがサントスピリトにはあります。
横綱級です。そう、すべてが。
貴方は「花より団子」?それとも「花よりTボーン」?


花よりTボーンステーキ




  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年04月06日 23:16

久方の 光のどけき 春の日に

カテゴリ:店 建築
ボンジョルノ 先ずは挨拶 こんにちは

やる事が 多くてキャパを オーバーし ブログの更新 忘れ去られる

本日は 大事なお知らせ あるんだよ

オープンは 4月の11 火曜日で ランチとディナーを やるんです

ちはやふる 神代もきかぬ 竜田川 唐紅に 水くくるとは


と言う訳で俳句、短歌形式で始まりましたが分かりづらい(飽きた)ので普通に書きます。

4月の11日にオープンする事が決まりました。
ランチは11:30〜13:00(ラストオーダー) ディナーは18:00〜21:00(ラストオーダー)です。
どうぞよろしくお願いします!

写真はカウンター越しの厨房です。
厨房の壁面タイルは自分で貼りました。我ながら良いとは思うけど下手くそなのでよく分かりません。
ではまたそのうちに。

カウンタークロスパンチ








  


Posted by サントスピリト │コメント(0)

2017年02月27日 02:28

建設現場より愛を込めて 番外

カテゴリ:店 建築
Buon Giorno!!
「さぁ始まりました "ジャパネット スピリト"! 私司会のミスターダンディです!」
「Oh No!聞いてくれよミスターダンディ!」
「What's?どうしたんだい?」
「また愛しのあの子にフラれちまったのさ、切れ味の悪いボウヤはお断りよってね」(ohhh・・・)
「それは穏やかじゃないねぇ」
「ダンディ、どうかこのロンリーボーイのハートをなぐさめてくれよ!」
「OK、ボーイ!!今日はそんなボーイにぴったりの商品を持ってきたんだぜ!」(Waooo!!)
「リアリー?リアリー?」
「クールなあの子もきっと虜に、福井県伝統工芸品 越前打刃物のご紹介です!
商品番号25367番 [ダマスカス鋼 24cm牛刀 DX]。握りやすいグリップにはマホガニーをご用意致しました。
これさえあればどんな食材にもオールOK!!(Congratulation!!!)
あっという間にキャベツの千切りもいつもの1.5倍っ!!(So Cool!!)
誰にも気付かれずに出世組の仲間入り!セレブなライフをエンジョーイ!!(Oh my got!!)
さらに今なら同じダマスカス鋼 18cm 筋引き も付いてくるっ!(Amazing!!)
さぁ、こんなチャンス2度とないですよ!今すぐ、コールミー!!


越前打刃物は700年の歴史を誇る福井県の伝統工芸品です。
美しく、切れる刃物です。
今回は妻の友達の尾形プロが「武生ナイフビレッジ」で働いているので作ってもらいました。
彼も今年の春に独立するそうですよ。
皆さんも尾形プロにオーダーメイド包丁を注文してみてはいかがですか?
ただ、上記のような「もう一本付いてくる!」みたいなのはやっていませんので悪しからず。








  


Posted by サントスピリト │コメント(0)